カチャトーラとは??ジビエ缶詰の絶品外飯(ぜっぴんそとめし)

絶品外飯カチャトーラと赤ワイン

キャンプでの食事、手の込んだ料理も良いですが

意外とメニューを考えるのも大変だったりしませんか?

 

今回は、誰でも手軽に極上の本格ジビエ料理が食べられる

熟成鹿肉を使用した「ジビエ缶」をご紹介します。

 

熟成鹿肉のカチャトーラ

 

カチャトーラとは?

カチャトーラとは、イタリア語で「猟師風の」という意味があり、

鶏肉や玉ねぎ、トマトなどを煮込んだイタリアの郷土料理です。

 

”猟師風”といわれる理由は、猟師さんが森でとれた食材を集めて

パパっと調理したことがきっかけとも言われています。

ワインなどのお酒のおつまみとしても相性が良い料理です♪

ハンティング

   ハンティングージビエ 

「熟成鹿肉のカチャトーラ」

熟成エゾ鹿のカチャトーラ-ロクボーの絶品外飯

⇒絶品外飯「カチャトーラ」はこちら

 

1缶200g入っており、1~1.5人前です。

一流シェフ大井健司シェフ監修のもと開発されたこちらの缶詰には、

トマトベースのスープに、にんにくや玉ねぎ、きのこなどの野菜を加え

とろとろに煮込まれた鹿肉がゴロっと入っていて食べ応え満点です!

 

 

とろっとろな鹿肉の脂には、甘くコクがあり、さらに野菜の旨みも感じられる

まるで高級レストランでジビエ料理を堪能しているかのような

贅沢なキャンプ飯になること間違いなし!!

 

おすすめの食べ方

まず調理法ですが、中身を缶詰からスキレットもしくはメスティンに入れ替え

焚火台でグツグツと煮込むだけ、と作り方もとってもシンプルですので

キャンプ初心者のあなたも、料理が苦手というあなたにもおすすめです。

とろけるチーズをIN

カチャトーラのチーズトッピング-絶品外飯

とろけるチーズをたっぷりと入れたらコクも増すので

よりまろやかな味わいになります。

カチャトーラのチーズトッピング-絶品外飯

そのまま食べても十分美味しいですが、

フランスパンなどのパンにつけて食べても絶品です。

 

ご飯を入れてリゾット風に

ご飯を入れてチーズをかければ、あっという間に

チーズリゾットの完成です!!

絶品外飯カチャトーラ-リゾット

絶品外飯カチャトーラ-リゾット

ご飯を入れると量が増え、2~3人くらいは食べられる量になります。

グツグツ煮込んで味が濃くなってしまった場合は、

水を少し入れて薄めるとより美味しく頂けます♪

 

スキレットのサイズはどれくらい?

アレンジなしでそのまま召し上がる場合は、メスティンも好きレットも

1人前(15cm~16cm)のものでちょうど良い大きさとなります。

ニトリさんやダイソーさんでも販売しているので手頃に揃えられます。

ご飯などを入れてアレンジする場合、1人前だと煮込んでる途中で

溢れてこぼれてしまうことも・・。

その場合には、2人前のメスティンやスキレットがおすすめです。

 

絶品ジビエ料理を堪能してみてはいかが

最初はそのまま食べて、こだわりの鹿肉の旨みを感じてみてください。

その後は、チーズを入れたりご飯を入れてリゾット風にしたり

色々とアレンジして食べるのがおすすめです。

ぜひあなたも美味しい食べ方を探してみてください♪

 

ROKUBO(ロクボー)にて販売中!

キャンプで簡単に食べられるジビエ缶詰「絶品外飯」
→ロクボーで販売中

絶品外飯ROKUBO

アウトドアブランドROKUBO(ロクボー)の絶品外飯