第二弾!天然エゾ鹿革の「巾着ミニショルダーバッグ」の魅力とは?!

エゾ鹿革 巾着バッグ

こんにちは!

ROKUBOです。

 

 

大好評をいただいた天然エゾ鹿革のミニショルダーバッグ

この度形を変え・・・

巾着型のミニショルダーバッグ

として新たに誕生しました!

 

 

そこで今回は

新作の巾着ミニショルダーバッグの魅力をご紹介します。

 

 

目次

北海道産!一生モノの極上アイテム

 

動物革の中でも手触りがしなやかで

レザーのカシミアといわれている鹿革。

 

そんな鹿革をさらに優れた極上の革へと仕上げるため

狩猟から完成までの全ての工程を日本国内で行っています。

 

レザレクション、ロクボー

 

前回に引き続き、鹿革ブランドである「LEATHERECTION」と

アウトドアブランド「ROKUBO」がタッグを組み、

それぞれが持った知識と経験を持ちより

何年、何十年も世代を超えて受け継がれるよう

願いを込めて作り上げました。

 

 

鹿革バッグが愛される秘密とは

グレーブラウン 巾着 ミニショルダーバッグ

 

前回のミニショルダーバッグに続き、

ここまで鹿革バッグが好評の理由とは?

 

 

実際、どんなところが良いの?

 

革ってお手入れが大変そう・・

 

など気になりますよね。

 

 

新作「天然エゾ鹿革の巾着ミニショルダーバッグ」を

鹿革の魅力を交えながらご紹介します!

 

魅力その① 収納量がアップデート

ミニショルダーバッグ 中身

バッグ中身

 

財布、スマホ、充電器、ペットボトル等

必需品がラクラク入ります。

 

 

見た目はすっきりコンパクトなデザインですが・・・

 

なんと!!!

 

ペットボトル収納 

500mlのペットボトルが

5本がすっぽり入る抜群の収納力!

※この状態では口を閉じることはできません。

 

お財布使い 鹿革

 

内側にサイドポケットも付いているので

鍵やリップなどの細々とした小物も

バッグの中で散らからず収納できます。

 

 

魅力その② カラーバリエーションが豊富

巾着型ミニショルダー

 

性別、ファッション問わず

どんな方でもお使い頂けるよう全4色展開です。

 

・グレーブラウン(ヌバック加工)

グレーブラウン ミニショルダー 巾着

 

・キャメルブラウン(ヌバック加工)

キャメルブラウン 巾着ミニショルダーバッグ

 

・グリーン(ヌバック加工)

グリーン_R

 

上記3色は革の表面をヤスリ掛けし、

ふんわり&しっとり感を感じられる

ヌバック加工となっています。

 

・ブラック(銀付き)

ブラック 巾着ミニショルダーバッグ

 

ブラックは、高級感を感じられる

ツヤのある銀付き加工。

 

 

どのカラーもアウトドアシーンのみならず、

普段使いにもおすすめな落ち着いた色味のバッグとなっています。

 

巾着ミニショルダーバッグはこちら

 

魅力その③ 濡れても問題なし!抜群の通気性

 

レザー製品といえば、天候によって使用を控えてしまう方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし!

 

鹿革は、通気性に非常に優れているため

急な雨などで濡れてしまっても大丈夫!

 

鹿革 水

 

タオルなどでサッと拭きとって天日干しするだけでOK!

 

鹿革には元々含まれている油分が逃げることがないため

特別なお手入れも必要ありません。

 

 

 

魅力その④ 驚きの軽さ!

鹿革ミニショルダーバッグ 重さ

 

何も入っていない状態での総重量、

なんと約230g!!

ワイシャツより少し重いかな?くらいの重さです。

 

くるくる丸める

 

また、鹿革は非常に柔らかいため

このようにクルクル丸めて持ち運びもできます。

 

 

旅行先にも持参できるため、

観光時には大きなバッグは預けて

必需品のみ巾着に入れて身軽に観光が楽しめますね♪

 

巾着ミニショルダーバッグはこちら

↓↓↓↓
巾着ミニショルダーバッグ

 

天然エゾ鹿革の巾着ミニショルダーバッグについて

 

まだまだ紹介したいポイントがありますので

 

それはまた次回に・・・☆

 

——————————————————————————————–

 

また、このほかご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください 🙂 

お問い合わせはこちら
→ROKUBOお問い合わせ

 

ロクボー公式サイト
→北海道アウトドアブランドROKUBO

 

ROKUBOインスタグラム
Instagram

ロクボーロゴ正方形

エゾ鹿アウトドアブランドROKUBO